読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

恋におちたシェイクスピア 恋愛映画のセリフ、名言、あらすじ(ネタバレ)

スポンサーリンク

SHAKESPEARE IN LOVE (1998)

恋におちたシェイクスピア

 

舞台となっているのは16世紀末のロンドン、かの有名なシェイクスピアの若い頃を描いた映画です。

とはいっても忠実な伝記映画というわけではなく、かなりフィクションが入っています。

そのフィクション部分がシェイクスピア劇なみに波乱に富んでいていて面白いです♪

 

恋におちたシェイクスピア [Blu-ray]

 

あらすじ(ネタバレ)

 

シェイクスピアはあるダンス・パーティーで富豪の令嬢・ヴァイオラに見惚れます。

このダンス・シーンはこの映画の中でも、特に印象に残るロマンティックな場面のひとつでした(*^^*)

お芝居ファンのヴァイオラは、劇作家の天才であるシェイクスピアのことを崇拝していて、2人はダンスをしながら見つめあい、恋に落ちます。

 

シェイクスピアを演じるジョセフ・ファインズの、鋭く射るような目が素敵☆

 

ヴァイオラは演劇への情熱から、なんと男装してオーディションを受け、「ロミオとジュリエット」のロミオ役を勝ちとります。

 シェイクスピアはそうとは知らずに男装した彼女の演技力に惚れ込みます。

やがて親密になっていくにつれて、彼は彼女の正体に気がつきます…。

 

グウィネス・パルトロウ、美しく可憐なお嬢様役がいかにもぴったりですが、中性的な男装姿も魅力的ですね☆

 

2人は愛し合うようになるのですが、ヴァイオラは女王の側近であるウェセックス卿との結婚が決まっている。

天才劇作家・詩人であるとはいっても、シェイクスピアとは所詮身分のかけはなれた恋。

中世において身分違いの恋愛はあり得なかったのですね。。

 

結ばれない運命にあり、別れが来ることを知っていることの切なさ。

2人は恋の情熱を「ロミオとジュリエット」の舞台にかけるようになります。

 

 

英語のセリフ、名言

 

ヴァイオラの婚約者であるウェセックス卿(コリン・ファース)が、彼らの関係を知ってしまい、ヴァイオラシェイクスピアが殺されたと思い込みます。

 

彼が生きていると知ったときの彼女のセリフに、彼に対する愛情が表れています。

 

f:id:rabana:20150508141755p:plain

beyond       ~以上に、~を超えて

シェイクスピアの詩人としての才能を超えて彼自身を愛している、と彼女は言っているのですね。

 

It will come

「私たちの終わりは来るのね」と言う言葉が切ないです…。

 

敵同士の許されない純愛を描いた名作「ロミオとジュリエット」のストーリーが、2人の恋とオーバーラップして切なさが否応にも増します。

 

2人の別れのシーンは涙なしには見られません。。

でも彼らは現実の世界で離れ離れになっても、彼の今後の作品の中においてつながっていくことが約束されます。

「彼女は永遠に私のヒロインであり続けるだろう」というシェイクスピアの最後のセリフが心に響きました。

 

f:id:rabana:20150508142758p:plain

 

 

ラストのフィクションと現実の錯綜するような演出はお見事。

 

一人浜辺をまっすぐに歩いていくヴァイオラの後姿に、別れの哀しみだけではない、これからやってくるであろう未知の世界への希望が託されています。

 

本筋はラブ・ストーリーですが、達者な俳優たちの競演や、華々しい乱闘シーン、女王様崇拝の根強い中世の雰囲気なども面白くて楽しめました☆