読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

それでも恋するバルセロナ 映画のあらすじ(ネタバレ)、名言、セリフ

スポンサーリンク

VICKEY CHRISTINA BARCERONA (2008)

それでも恋するバルセロナ

 

ウディ・アレン監督によるスペインを舞台にしたロマンティック・コメディ。

アメリカ人の親友の女性二人が、スペインで一夏を過ごすためにやって来ます。

二人は対照的な性格なのですが、スペイン人の画家に出会い、二人とも彼に惹かれてしまうことになります。

さらにそこへ画家の元妻も登場して、3人の女性と1人の男性の恋愛模様が描かれます。

 

女性好きで優柔不断な男性と、彼を取り巻く、全く異なるタイプの3人の女性たち…

 

泥沼の恋愛劇になりそうな設定であるにも関らず、サクサクと軽快に小気味よく、物語は進行していきます。

登場人物たちのそれぞれの性格の違いや、弱さがコミカルに洒落っ気たっぷりに描かれていて、楽しめました☆

 

それでも恋するバルセロナ [Blu-ray]

 

映画のあらすじ(ネタバレ)

 

親友同士のヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)はスペインへ旅行へ来て、一夏を滞在することに。

彼女たちはある晩、画家のファン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に出会います。

 

奔放なクリスティーナはたちまちファン・アントニオに恋をします。

一方、慎重な性格で初めは警戒心でいっぱいだったヴィッキーも、ファン・アントニオと過ごすうちに彼に惹かれていきます。

 

この3人のお互いの出方を見計らっているような、微妙な恋愛の駆け引きが絶妙でした。

 

結局、婚約中の身であるヴィッキーは身を引き、クリスティーナはファン・アントニオの家で一緒に住むことになります。

しかしそこへ彼の元妻であるマリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)が帰ってきて、事態はさらに複雑な展開に…

 

マリア・エレーナを演じるペネロペ・クルスが最高です!

激情肌で、天才的な芸術家、不安定でかよわいところもあり、愛情深い優しさもある。

そんな複雑な性格を持つマリア・エレーナをとても魅力的に演じていました。

 

英語のセリフ

 

ファン・アントニオは元妻であるマリア・エレーナとの関係についてクリスティーナに説明します。そのときのセリフです。

 

f:id:rabana:20150525143107p:plain

minus     負の、マイナスの

there is a minus single        マイナスの一要素

 

ingredient     成分

 

愛は完全なバランスを必要とし、マリア・エレーナとの関係には何かが欠けていたというファン・アントニオ。

 

一方マリア・エレーナもクリスティーナに彼との関係について話をします。

その会話のセリフです。

 

f:id:rabana:20150525143500p:plain

apparent       明らか

 

complete      完璧な

 

お互いに愛し合っているのにも関らず、うまくいかない二人の関係。

「私たちの恋愛は決してうまくいかないからロマンティックなのよ」というマリア・エレーナの言葉が印象に残りました。

 

しかしクリスティーナが二人の間に入ったことで、不思議とどういうわけか三人の関係はしっくりと落ち着きをみせることになります。

この展開も面白かったです。

 

でもしだいにクリスティーナの心はそわそわと動き出し、更なる他の未知な世界を求めてスペインを離れる決心をします…

 

探究心が旺盛で、器用な才能もあるのだけれど、一つのことに集中して没頭できない、やりたくないことはわかっているけど何をやりたいのかはわからない、

クリスティーナのような性格の人も身近にいそうで親近感が湧きました。

 

これだけ多彩なキャラクターを自在に配して軽妙なロマンティック・コメディに仕立て上げてしまった名監督の手腕に感心してしまいました!

 

格安の映像配信サービスの「dTV」で観ました。