読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

ONCE ダブリンの街角で 恋愛映画のセリフ、あらすじ、感想

スポンサーリンク

ONCE (2006)

ONCE ダブリンの街角で

 

音楽への愛情に満ちた、優しく素敵な映画。

この映画の主役は音楽そのものなのだと思います。

でもミュージカルとは違う。

そういう点では変わった映画なのかもしれません。

 

映画のあらすじ(ネタバレ)

 

ダブリンの街角で穴の開いたギターを弾きながら歌う男と、チェコからの移民であるお花売りの女性が出会います。

彼女もピアノを弾くことができて、楽器店でピアノを弾き、彼らは一緒に演奏します。

音楽の交流を通して、彼らの心は通じ合っていく。

 

彼らはどちらかというと寡黙な人たちで、セリフは多いとはいえないし、彼らが自分の気持ちを語るシーンも少ないのですが、その分歌で表現されています。

その歌が痛いほど心に響いてきます…

 

男は彼を捨ててロンドンへ行ってしまった前の恋人のことが忘れられず、彼女への愛情や怒りや、後悔を曲にこめて歌います。

 

チェコの女性は曲を聴きながら、彼の気持ちを理解します。

彼女もまた、故郷に残してきた夫への複雑な思いを歌います。

 

彼らの奏でる音楽や、重なり合うハーモニーが、素敵で、心にまっすぐ届き、聴いていて心地よいです♪

 

 

ONCE ダブリンの街角で [DVD]

 

英語のセリフ

 

家を行き来し、2人は徐々に親密になっていきます。

彼らがバイクに乗って海辺をドライブするシーンが美しかった☆

海の見える丘を散歩しながら、彼は彼女に夫のことを尋ねます。

彼女は「娘を妊娠しているとわかったときに結婚したの。でもうまくいかなかった」と彼に言います。

 

 

f:id:rabana:20150507131545p:plain

It's over            終わった

 

on my own       ひとりで、自分自身で

 

 

彼は彼女にまだ彼を愛しているか訊こうとします。

 

f:id:rabana:20150507132345p:plain

教えてもらったチェコ語で訊いた彼に対して、チェコ語で答える彼女。

 

"Miluju tebe"

 

彼は理解できずに、「え、何て言った?」と訊き返しますが、彼女は優しく微笑むだけ…

 

その言葉の意味がわかると、物語の成り行きがひどく切ないものに感じられます。

(ここで書いてしまうとネタバレになっちゃうかな、と思いますので、気になる方は検索してみてくださいね。

ネットの翻訳サービスを使うとすぐに出てきます。)

 

音楽以外の実生活の面では、どこか彼を遠ざけるようだった彼女の、本当の胸の内が垣間見えるシーンでした。

 

彼らの過ごした時間は限られたものであり、その関係は音楽の演奏にとどまることになった。

でも彼らの関係は魂の交流ともいえるものであったし、その濃密さと美しさにおいてかけがえのない時を共有したのだと思います。

 

タイトルの"ONCE"に、その大切な時間への愛情や思い出がこめられているように思います。

 

温かい音楽に包まれ、素敵なひと時を過ごせました。

 

映像配信サービスの「dTV」で鑑賞しました。

ここは月に500円で映画が観放題です。