読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

アパートの鍵貸します 映画の英語のセリフ・名言、あらすじ(ネタバレ)感想

スポンサーリンク

THE APARTMENT (1960)

アパートの鍵貸します

 

ジャック・レモンシャーリー・マクレーン主演。

今では大ベテランのお2人ですが、この頃は若くてとても初々しいですね(*^^*)

 

上司に逆らえないサラリーマンの哀しさを、2人の恋愛を交えてコメディタッチで描いた映画です。

 

あらすじ(ネタバレ)と感想

 

世知辛いサラリーマンの境遇はアメリカも日本も変わらないようですが、なんとジャック・レモン演じる主人公のバクスターは、上司が不倫をする”情事”の場所として、自分のアパートの部屋を提供しているのです。

 

彼はその見返りに出世を手に入れるのですが、今度の上司のお相手は、彼が密かに憧れていたエレベーター・ガールのフランだった…。

 

この時代はまだまだ男女格差が根強く、女性の仕事は秘書か、タイピストか、コールセンターか、エレベーター・ガールしかなかったようですね。

 

フランを演じるシャーリー・マクレーンが可愛いです(*^^*)

 明るくて優しくて素直で、憂鬱な通勤時のエレベーターが彼女の存在で楽しみになるのがよくわかる♪

 

でも自分の上司が彼女と浮気していて、そのデート場所として自分の部屋を貸さなければならなくなり、バクスターは激しく落ち込みます。。

まあそりゃそうですよね(^^;

 

また、フランの方も、上司の一時の浮気相手として遊ばれているだけなのに、彼と別れることができないのでありました。

 

 

ジャック・レモンシャーリー・マクレーンがそれぞれの恋心を切なく表現していて、コメディであると同時にホロリとさせられる映画でした。

 

アパートの鍵貸します [Blu-ray]  

 

英語のセリフ・名言

 

恋人が遊び人であることを知って、絶望したフランが「私には間違った相手を好きになってしまう才能があるのね」と呟きます。

f:id:rabana:20150427142938p:plain

このセリフにはつい共感してしまいました。

私にも身に覚えがあるかも(^^;

 

フランを優しく慰めるバクスターに、彼女は微笑んで、

「どうしてあなたみたいな人を好きになれないのかしら?」と言います。

 

f:id:rabana:20150427143752p:plain

 

彼女はバクスターの気持ちを知りながらも、彼に応えることができない。

恋愛って中々うまくいかないものですよね。。

フランはどうしたら叶わぬ相手のことを忘れられるのかしら、と呟きます。

 

f:id:rabana:20150428151635p:plain

 stick on   =張りつく

someone you are stuck on で 自分の心が張り付いている人、という意味で使われています。

 

get ~ out of your system  

~をシステムから追い出す、ここでは、忘れる、心から追い出す、という意味合いですね。

 

invent = 発明する

 

 恋心を忘れるためのポンプでも発明されればいいのに、とユーモアを交えて言うフラン。

 

最低男であることがわかっても、すぐに吹っ切ることのできない女心、

その気持ちわかります(苦笑)

フランは stuck on  という言葉で恋心を表していますが、ぴったりした表現だなあと思いました。

自分の意思とは関係なく、心が相手にくっついてしまってるんですよね…。

 

 そしてそんなフランを優しく見守るバクスター

 彼は彼女への思いから、上司の操り人形であることをやめ、自分の力で生きていこうとします。

その姿は感動的でした。

 

そして最後にバクスターへの思いに気づくフランの表情の美しいこと!

 

2人は会社を脱け出して、それぞれ自立した存在として、お互いに向き合うことになります。

ラストに微笑んでカードをバクスターに手渡すフラン。名シーンだと思います☆