読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

サイドウェイ 映画の英語のセリフ、あらすじ(ネタバレ)、評価感想

スポンサーリンク

SIDEWAYS (2004)

サイドウェイ

 

親友同士の中年男性二人のロード・ムービー。

 

冴えない教師のマイルス(ポール・ジアマッティ)と、売れないテレビ俳優のジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)。

ジャックが結婚することになり、独身最後の男同士の時間を楽しもうと、二人は車に乗って旅に出ます。

 

まじめでちょっとネガティブ思考のマイルスと、能天気な不良中年のジャック。

性格の対照的な2人のやりとりを聞いているだけでも結構おかしいです(^^)

旅先での2人の恋愛や、ハプニングがユーモラスに描かれています☆

 

 

サイドウェイ [Blu-ray]

 

あらすじ(ネタバレ)と感想

 

マイルスとジャックはカリフォルニアでワイナリーやワイン畑を訪ねる旅をするのですが、ジャックの思惑といえば、ワインはどうでもよくて、独身最後に女の子と思いきり遊びたいということばかり…。

 

彼らはステファニーとマヤという素敵な女性たちに出会い、ワインの話で意気投合して、仲良くなります。

四人がワインを飲みながら楽しく語らうピクニックシーンが爽やかで、楽しそう。とても良かった☆

 

エキゾチックで野生的な雰囲気のあるステファニー(サンドラ・オー)もいいですが、ヴァージニア・マドセン演じるマヤが、知的でありながらセクシーで、優しい温かみもあって、魅力的でした。

 

マイルスはマヤに惹かれますが、会話の流れでつい「自分は作家だ」と嘘をついてしまいます。

彼は小説を書いていて、作家を目指しているのですが、まだ出版されたことはないのでした。

 

気になる相手には自分をよく見せたいものですよね… 

 

 

英語のセリフ

 

マヤがマイルスに気があるそぶりを見せても、マイルスは自分がうそつきだとわかったら彼女がどんな反応を示すのか怖くて、中々前へ踏み出すことができません。

マイルスのそんな不安な気持ちが表れたセリフです。 

 

f:id:rabana:20150504231936p:plain

essentially          どうしたって

 

evaporate   (希望などが)消えうせる

 

you are not in the game

(恋の)ゲームにさえならない

「お話にもならないよ」というニュアンスですね。

 

 

自分に自信が持てず、恋にも積極的になれないマイルス。

 

彼はずっとウジウジしているんですが、嘘をついたことで後ろめたさを感じるというのは、誠実さの表れでもあるんですよね。

しゃあしゃあと嘘をついて浮気を楽しむジャックに比べて、大分まともに見えます…

身勝手なジャックのキャラクターもそれはそれで面白いんですけどね(^^;

 

 

結局、ジャックが婚約中の身でありながら、ステファニーを騙して遊んでいたことがわかり、それを知っているのに黙っていたマイルスも、マヤに嫌われてしまいます。

 

マイルスはマヤに電話をかけて、自分の気持ちを真摯に伝えようとします。

 

f:id:rabana:20150504233449p:plain

 

 turn out        結果として~になる

 

マイルスは自分が本当は作家ではないことを打ち明けます。

嘘をついていたと告白し、虚飾を取り払い、ありのままの自分自身を好きな相手に見せるのは、勇気と覚悟のいることですよね。

最後に誠意を見せたマイルスをかっこいいと思いました!

 

ラブストーリーとしても、コミカルな友情物語としても、楽しめる映画だと思います。

 美しいワイン園の風景もすばらしかったです(^^)