読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

イングリッシュ・ペイシェント 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフ、評価感想

スポンサーリンク

THE ENGLISH PATIENT (1996)

イングリッシュ・ペイシェント

 

とにかく砂漠の映像が美しくて強烈な印象を残します。

第二次世界大戦中の北アフリカの砂漠の地で繰り広げられる、壮大な恋愛ロマン。

 

過去と現在の重なり合う構成も、緻密かつ重厚なつくりになっています。

現在の緑豊かなイタリアと、過去の砂漠の世界を行ったり来たりしながら、悲恋の物語に酔わされます。

 

生と死が隣り合わせの戦時下にあって、その危ういバランスの中で恋愛が盛り上がる。

人生の重みを背負った大人の恋ですね。

 

俳優たちがみんな魅力でした。

知的で熱情を秘めたレイフ・ファインズ。

繊細な美しさのクリスティン・スコット・トーマス。

どこか野生的な輝きを持つジュリエット・ビノシュ。

 

エキゾチックかつノスタルジックな音楽も効果的でした。

 

 

イングリッシュ・ペイシェント [DVD]

 

 

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

イタリアの野戦病院に運び込まれた、全身に大やけどを負った謎の男(レイフ・ファインズ)。

彼は記憶喪失に陥っているといい、English patient と呼ばれます。

英国人の患者、ですね。

 

野戦病院のチームは移動することになりますが、彼の体は移動をするのに無理があり、看護師のハンナ(ジュリエット・ビノシュ)は志願して彼と共に残ることにします。

 

田舎に廃墟を見つけ、ハンナはそこで彼の面倒を見ることに。

 

男はハンナの介護を受けつつ、静かに廃墟で暮らしながら、過去を回想していきます。

実は記憶喪失に陥っているというのは男の嘘なのでした。

 

フラッシュバックで挿入される記憶のシーンにより、少しずつ、男の過去が明らかになっていきます。

 

彼の名はアルマーシ。

地図を作成するために北アフリカに遠征探検隊として来ていました。

彼には深く愛していた女性がいました。

でも彼女はチームの仲間であるクリントン(コリン・ファース)の妻だった…

 

アルマーシとキャサリンは初対面のときから強く惹かれ合います。

二人はクリントンやチームの仲間の目を盗んで情事を重ねますが、キャサリンは夫に嘘をつき続けることに限界を感じます。

彼女はアルマーシのことを愛してはいても、夫のことも兄妹愛に似た感情で深く愛していたのでした。

 

 

英語のセリフ

 

アルマーシに別れを告げようとするキャサリン。

二人の会話のセリフです。

 

f:id:rabana:20150715171135p:plain

agree            賛成する、同意する

 

「別れることに不賛成だ」

と言うアルマーシに対し、

「今にも私達の関係が夫に知られてしまう」とキャサリンは訴えます。

 

f:id:rabana:20150715171210p:plain

any minute now             今にも

 

find out                見つけ出す

 

barge  into~          ( 口語で)~に入り込む

 

 

「夫に知られれば、彼は死んでしまう」

そう心配して、別れを告げるキャサリン。

 

しかしアルマーシは彼女のことが忘れられません。

 

彼はある晩催されたダンスパーティーで、他の男と踊ったキャサリンに腹を立てて、彼女に迫ります。

 

f:id:rabana:20150715172404p:plain

f:id:rabana:20150715172415p:plain

 

 

capsize           転覆する、ひっくり返る

 

 

自分達の恋愛関係が終わり、人生がひっくり返ったように感じているのに、なぜ君は笑うことができるんだ? 

 

そうキャサリンに詰め寄るアルマーシ。

 

「何かを感じることができるのは自分だけだとでも思っているの?」

気丈にそう言うキャサリンの心情が切ないです。

彼女もまた、アルマーシのことをずっと愛し続けているのですが、夫のために別れなければならないのですね。

 

しかしその夫・クリフトンは実は二人の関係をもうすでに知ってしまっていたのでした。

子どもの頃からキャサリンだけを愛していたクリフトンは人生に絶望します。

 

クリフトンはキャサリンを乗せて飛行機を操縦しているときに、アルマーシめがけて突進し、墜落します。

飛行機は炎上し、クリフトンは即死します。

アルマーシは無事でしたが、キャサリンは身動きのできない重傷を負います。

 

キャサリンのセリフです。

彼女は夫のことを心配しています。

 

f:id:rabana:20150715173402p:plain

 

all the time            ずっと

 

badly                ひどく

 

夫のクリフトンは、アルマーシも巻き込んで、キャサリンとともに死んでしまおうとしたのですね。

 キャサリンは夫のことを哀れみ気遣いますが、彼はもう死んでしまっています…

 

アルマーシは重傷を負ったキャサリンを抱き上げて、砂漠の洞窟へと運び込みます。

 

彼に運ばれながらキャサリンは

「あなたはばかよ。私はいつもあなたのことを愛していたのに」

 

You idiot.

I've always loved you.

 

と呟きます。

それを聞いて涙を流すアルマーシ。

ひどく悲しくて、美しいシーンでした。

 

アルマーシは重傷のキャサリンを洞窟に運び、「必ず戻ってくるよ」と言って砂漠を歩いて助けを求めに行きます。

しかし彼が戻ってきたとき、キャサリンは…

 

 

雄大な砂漠の風景の中で織り成される、劇的な愛の物語。

その愛はやけどを負った男の心で今も命を持ち続けており、彼の回想の中で鮮やかに息を吹き返す。

 

砂漠の映像とともに、物語の余韻がまだ胸に残っています…。