読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

愛を読むひと 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフと評価感想

スポンサーリンク

THE READER(2008)

愛を読むひと

 

ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ主演作品。

 

舞台となっているのは第二次世界大戦後のドイツですが、セリフは全て英語となっています。

数十年にわたる時の流れと、生涯を通じる愛。

そして戦時下における罪の意識とが重なり合ったとても重厚な物語。

 

この映画はやはりドイツ人の俳優で、ドイツ語で作られた方がしっくり合ったと思いますが、ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズは名演。

繊細な演技で主人公たちの心の機微を表現していました。

 

 

愛を読むひと<完全無修正版> [Blu-ray]

 

 

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

15歳の高校生、マイケル(デヴィッド・クロス)。

彼はある日通学中に病気になり、偶然そこへ通りかかった女性・ハンナ(ケイト・ウィンスレット)に助けられます。

 

マイケルは病気が治った後で、お礼をするために彼女の家を訪ねます。

ハンナは路面電車の車掌として働き、1人暮らしをしている30代の女性。

どこか謎めいた雰囲気のある彼女にマイケルは惹かれ、彼女に導かれるままに肉体関係を持ちます。

 

二人は情事を重ねます。

ハンナは彼が持っている本を見つけて、彼に読んで欲しいと頼みます。

本を朗読するマイケルを彼女は誉めます。

二人のセリフです。

 

f:id:rabana:20150710170214p:plain

 

マイケルはハンナを喜ばすために、彼女と会う度に本を朗読するようになります。

 

マイケルが本を読み聞かせたり、二人で田舎へ旅行に出るシーンは楽しそうでチャーミング。

 

でも彼らの間には20歳もの年の差が開いている。

初めての恋愛に夢中になるマイケルに対して、ハンナは距離を置こうと、時にはつれない態度で彼に接します。

 

 

英語のセリフと解説

 

仕事中に会いに来たマイケルに怒るハンナ。

マイケルとハンナの会話のセリフです。

 

f:id:rabana:20150710171049p:plain

 

mean  to do              ~するつもりである

 

upset         狼狽させる、動揺させる

 

matter           問題である、重要である

 

 

「あなたは私をうろたえさせるほど問題ではないのよ」

 

ハンナがそう言うのは、真実ではなく、むしろ自分に言い聞かせているように聞こえます。

でもまだ十代のマイケルには彼女の複雑な気持ちはわからず、悲しみ傷つきます。

彼のセリフです。

 

f:id:rabana:20150710171756p:plain

 The thought kills me.

考えるだけで死にそうにつらい、というニュアンス。

 

「僕が重要でないと言ったのは本当?」

 

そうマイケルに聞かれて、ハンナは静かに首を横に振ります。

 

さらにマイケルは

Do you love me?   

とハンナに尋ね、彼女は静かにうなずきます。

 

彼を愛してはいるけれども、はっきりと口に出すことはできない。

いずれ別れなければならないことを知っているのですね。

そんなハンナの心情が切ない…

 

ハンナはある日、突然彼の前から消えてしまいます。

次の言葉を彼に囁きかけたのを最後に。

 

f:id:rabana:20150710172348p:plain

年若い恋人の前から何も言わず姿を消してしまったハンナ。

 

マイケルはそのことに深く傷つくことになります。

 

そして8年の月日が流れ、法学部の学生となった彼は、ゼミの課外授業で訪れた裁判所で、ハンナと思いがけない再会をすることに。

 

彼女は戦時中に強制収容所で看守として働き、ユダヤ人を殺害した罪に問われて、被告として糾弾されていたのでした。

彼女は自分が不利となって重い刑を科せられたとしても、ある秘密を隠そうとしていることに、彼は気がつきます。

その秘密は彼だけが知っているものでした。

 

彼はその秘密を法廷にさらすべきか、黙っているか、葛藤に悩みます…

 

その”秘密”はマイケルとハンナとをやがて生涯に渡って繋げ合う絆となります。

その絆が断ち切れたときに、ハンナの人生も終わってしまうこととなる。

 

罪を赦せなくても、獄中のハンナにそっと寄り添い続けたマイケル。

二人の愛のかたち、生涯に渡る心のつながりに感動しました。

 

想い出の教会を背景にした静かなラストシーンもすばらしいです。