読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

バッファロー’66 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフ、評価感想

スポンサーリンク

BUFFALO'66 (1998)

バッファロー’66

 

ヴィンセント・ギャロ監督・主演のラブストーリー。

独特のざらついた質感の映像がかっこよくて味わい深いです。

最初に観たときはヴィンセント・ギャロ演じる主人公の、あまりの”俺様”っぷりが鼻についたような記憶がありますが(^^;

今回見直すと何だか子どもっぽくて可愛く見えてしまいました。

相手役のクリスティーナ・リッチがキュートでセクシー。

不器用なやさぐれ男と、この上なく優しい女の子の、素敵なラブストーリーです。

 

 

バッファロー'66 [DVD]

 

 

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

主人公のビリー(ヴィンセント・ギャロ)は、マフィアに多額の借金をしてしまい、その返済ができなくなります。

返済代わりに、5年間の刑務所へ服役を肩代わりすることに。

 

出所後、両親に会いに行くつもりのビリーでしたが、実は両親には刑務所へ入ったことは内緒にしてあり、「自分は結婚して政府関係の仕事をしている」と見栄を張って嘘をついているのでした。

 

彼は偶然出会った女の子・レイラ(クリスティーナ・リッチ)をさらい、「両親に会うから俺の女房のふりをしてくれ」と頼み込みます。

 

 

英語のセリフ

 

ビリーがレイラに頼むときのセリフです。

 

f:id:rabana:20150706152616p:plain

 

 ask a favor                お願いする

 

pretend             ~のふりをする

 

cherish           かわいがる、大事にする

 

「両親の家へ行き、俺のことを熱愛し、大事にする女房を演じてくれ。俺なしでは生きられない女房を」

 

見ず知らずのレイラを拉致し、脅し、無茶なお願いをするビリー。

 

でもレイラは初めからビリーのことを怖がることはなく、むしろ彼の持つ繊細さ、ひたむきさに惹かれた様子です。

 

ビリーは自分をないがしろにしてきた両親に対する複雑な愛情と意地があって、こういうお願いをしたのですね。

 

レイラは彼の頼みを受け入れ、健気に彼の両親に愛想よく接し、彼を良く見せようとがんばります。

両親の方はそんなビリーには興味もない様子で切ないのですが…

 

両親との再会が終わった後、ビリーとレイラはボーリングやカフェで共に時間を過ごします。

そしてその夜、ホテルへ。

寡黙な二人の間にぎこちなく恋愛が芽生えていく雰囲気がいいです^^

 

ビリーは刑務所へ入らなければならない原因を作った男に復讐を果たそうとします。

そしてその後で自殺しようと。

 

ビリーがホテルの部屋を出る際に、レイラが心配して彼に言うセリフです。

 

 f:id:rabana:20150706154302p:plain

sweet           優しい

 

 

傲慢なビリーに振り回されながらも、彼の本質的な優しさに気がついているレイラ。

本当に天使のような女の子だなあと思いました。

 

いったんは復讐を決意したビリーですが、彼女の言葉に心を揺れ動かされ、復讐や自殺をばかげたものに感じます。

そしてレイラのためにホットココアを買って、ホテルの部屋に戻ろうとします。

 

ビリーが友人に電話をして言うセリフです。

 

f:id:rabana:20150706155247p:plain

guess what           聞いてくれ、何だと思う?

 

 

電話で話すときのビリーの浮き浮きとした様子がチャーミングです^^

 

人生に対して捨て鉢になっていた男の前に、とびきり優しい女の子が現れ、恋が始まる物語。

都会のおとぎ話のような素敵な映画でした☆