読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

死ぬまでにしたい10のこと 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフ、評価感想

スポンサーリンク

MY LIFE WITHOUT ME (2003)

死ぬまでにしたい10のこと

 

サラ・ポーリー主演作品。

23歳という若さにしてガンを患い、あと2ヶ月の命だと宣告された女性の、最後の日々を描いた映画です。

彼女はそのことを家族にも誰にも言わず、「死ぬまでにすること」というリストを作り、そこに挙げた項目をこなしていきながら、最後の日々を送ります。

主人公・アンという女性の、自分の運命を受け入れた上での淡々と静かな表情、優しい微笑み、彼女の強さと儚さが強く印象に残りました。

 

 

死ぬまでにしたい10のこと [DVD]

 

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

アン(サラ・ポーリー)は、23歳、夫と幼い娘2人とトレーラー暮らし。

彼女は家族の面倒を見ながら、夜遅くまで大学の清掃をする仕事をしています。

お金はないけれど、愛情にあふれて穏やかな日常だったのですが、ある日突然激しい腹痛に襲われて倒れ、病院へ。

検査の結果、医師に「余命2ヶ月」と宣告されます。

 

アンはショックを受けますが、感情的になることなく、その事実を静かに受け止め、家族にも誰にも話さずに最後の日々を送ることを決めます。

 

彼女は「死ぬまでにすること」というリストを作り、これまでと同じ日常生活を送りながら、その10項目をこなしていきます。

 

英語のセリフ

 

彼女のリストには、

「娘たちに毎日愛していると言う」

「ドン(夫)に新しい奥さんを見つける」

「他の男性と恋愛をしてみる」

などの項目が含まれています。

 

アンは17歳にしてドンと結婚したので、他の男性を知らず、どんな感じか付き合ってみたいと思ったのですね。

 

でも彼女はドンをとても愛しています。

彼は仕事が安定しないけれど、心の優しい良い父親。

ドンはティーンエイジャーだった頃に、コンサートでアンと出会ったことを思い出し、アンにこう言います。ドンのセリフです。

 

f:id:rabana:20150616152327p:plain                                         

in spite of ~         ~にも関らず

 

complain            文句を言う

 

「楽な暮らしをさせてあげることはできないけれど、君は一度も文句を言ったことはなかったね。君のためにより良くなりたい」

そう言うドンの言葉を聞き、悲しそうに顔を歪めるアン。

彼女は泣きそうになりながら、ドンにこう囁きます。アンのセリフです。

 

f:id:rabana:20150616152951p:plain

 don't ever ~        決して~しない

ここでの ever は don't  を強調しています。

 

でもその時にはドンは眠りに落ちてしまっていて、アンの言葉は彼に届きません…。

ひどく切ないシーンでした。

 

 

一方でアンはリー(マーク・ラファロ)という男性と出会い、関係を持ちます。

マーク・ラファロはどの映画でも存在感のある俳優さんですね。

 

リーは自分の私生活について話したがらないアンにこう言います。二人の会話のセリフです。

 

f:id:rabana:20150616153757p:plain

アンが自分のことについて何も話せないのは、もうすぐ死ぬという秘密があるから。

でもそれを知る由もないリーは、合う回数を重ねるごとにアンのことを好きになり、彼女に自分の気持ちを打ち明けます。

リーのセリフです。

 

f:id:rabana:20150616154701p:plain           

terrible          ひどい、恐ろしい

 

exist           存在する

 

リーの心のこもった言葉を聞いて、アンは涙を流しながら彼にキスをします。

 

「死ぬ前に他の男性とどんなものか付き合ってみたい」

そういう動機でリーと付き合い始めたアンでしたが、彼女もまたリーを愛し始めていたのでした。

 

でもアンはリーの思いには応えることができません…

彼女は最後に自分の思いをテープに録音して、リーに届けます。

「あなたを愛しているわ」

 

アンの人生はあまりにも短く儚いものに思えます…

 

でも最後に彼女を思い出して優しく微笑むリーの表情に、彼女が確かに存在し、彼の心を温かく照らしているのだと思うと、少し救われた気持ちになりました。