読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

砂漠でサーモン・フィッシング 映画のあらすじ(ネタバレ)、感想、セリフ

スポンサーリンク

SAMON FISHING IN THE YEMEN (2011)

砂漠でサーモン・フィッシング

 

ユアン・マクレガーエミリー・ブラント主演映画。

不思議なタイトルに惹かれて鑑賞してみました。

砂漠の国で鮭釣りをするための大事業を始める物語、

というあらすじを読んでもイメージが湧かず、どんな映画なんだろう???という感じであまり期待せずに観ましたが、面白かったです☆

 

冴えない学者役のユアン・マクレガー、美人で聡明なコンサルト役のエミリー・ブラントを始め、俳優陣が魅力的でした。

 

砂漠でサーモン・フィッシング  Blu-ray  

 

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

砂漠の国イエメンの大富豪・シャイフ(アムール・ワケド)は自分の国で鮭釣りがしたいという夢を抱き、投資コンサルタントのハリエットエミリー・ブラント)を介してイギリス人の水産学者フレッド(ユアン・マクレガー)にその計画を依頼します。

 

フレッドは初めはその話を馬鹿げているとして相手にしませんでしたが、中東との関係を改善するために何か明るい話題を、と英国政府がその事業に乗り出して、彼は半ば強制的に計画の担当にされてしまいます。

 

フレッドはしぶしぶながらハリエットと共にシェイフに会い、思いがけずも夢と信念を持った彼の人柄に惹かれていきます。

シェイフを演じたアムール・ワケドが鋭い目と紳士的な物腰で素敵です☆

 

シェイフはただの個人的な欲望から鮭釣りをしたいと思っているわけではなく、砂漠に水を引き、鮭を放流して釣りができるようにする、という大事業を通して、民族を団結し、農業を起こし、自国を豊かにすることを夢見ているのでした。

 

フレッドはハリエットと協力して計画を進めるうちに、しだいにシェイフの理想に共鳴するようになり、事業にのめり込んでいくことになります。

 

英語のセリフ

 

この映画はシェイフの夢を叶える物語でもあるし、また一方で繊細な恋愛を描いた映画でもあります。

リエットには最近付き合い始めたばかりの恋人・ロバートがいますが、彼は軍人で、アフガニスタンに派兵されてしまい、テロが起こって消息不明になってしまいます。

 

彼女はイエメンで仕事をしながら、ロバートからの連絡を待ち続けています。

不安定な精神状態になり、フレッドにそのことを打ち明けます。

リエットのセリフです。

 

f:id:rabana:20150615140656p:plain                                            

stuck           身動きできない

 

move on     前進する

 

make sense      意味を成す

 

まだ付き合い始めたばかりのロバートのことを、もう正確には思い出せない、というハリエット

彼の生死が不明で、彼女はどうしたらいいのかわからない状態にいます。

 

それに対してフレッドはこう返事をします。フレッドのセリフ。

 

f:id:rabana:20150615141639p:plain           

totally           まったく

 

for    years            何年間も

 

フレッドには妻がいますが、夫婦関係は完全に冷めてしまっていて、彼はその状態について「身動きできないでいる」と言っているのですね。

 

フレッドとハリエットは協力して計画を進めていくうちに、お互いに惹かれていきます。

彼らがお互いについて理解して親密になっていく過程が、思いやりに満ちていて良かったです。温かな気持ちになりました(*^^*)

 

フレッドはハリエットを愛し始め、妻と別れます。

しかしハリエットの恋人ロバートが生きていることがわかり、彼女の元に戻ってきます。

リエットは喜んで彼を迎えますが、心の中では気持ちが揺れています。

ロバートはそれを察して彼女に言います。そのセリフです。

 

f:id:rabana:20150615142859p:plain            owe       負っている

 

アフガニスタンの砂漠に派兵されていたとき、ハリエットのことだけを考えていたというロバート。

でも「君は僕に何の負い目もないんだから、君が選んでくれ」と言う彼のセリフが心に残りました。

 

そしてハリエットはフレッドかロバートか、さらにイエメンに残って事業を続けるのかイギリスに帰るのか、選択することになります…

 

観ているうちにしだいに「砂漠でサーモンフィッシング」という壮大な構想に、こちらも共鳴してしまう不思議な映画。

イエメンやスコットランドの風景も美しくて良かったです。