読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

ブルーバレンタイン 映画のあらすじ(ネタバレ)、感想、英語のセリフ

スポンサーリンク

BLUE VALENTINE (2010)

ブルーバレンタイン

 

ミシェル・ウィリアムズライアン・ゴズリング主演。

一組のカップルの、恋愛の誕生と終わりを、これほど生々しくリアルに描いた映画も中々ないんじゃないかと思います。

 

時の流れに沿って物語が進んでいくわけではなくて、若い二人の間に愛が生まれるシーンと、数年後にその愛が破綻を迎えるシーンが、交互に挿入されます。

その独特の描き方によって、恋愛初期の輝きや美しさ、そして最後の別れの苦しさや切なさが、どちらも一層引き立てられて胸に迫ってきました。

 

主演の二人はすごい実力。

表情だけで、彼らの過ごしてきた時の流れを感じさせてしまいます。

 

ブルーバレンタイン [レンタル落ち]

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)とディーン(ライアン・ゴズリング)は結婚七年目の夫婦。

彼らには娘が1人いて、ディーンは本当の父親ではないのだけれど、それを承知の上でシンディと結婚し、実の父親のように可愛がっています。

 

かつては深く愛し合っていた二人だけれど、最近はあまりうまくいっていません。

二人の間には人生に対する価値観の違いがあり、それが溝を作っている様子。

 

心の通じ合わない夫婦関係を、何とか立て直そうと、ディーンは娘を義父に預けてシンディをラブホテルに誘い、二人だけの時間を持とうとします。

 

英語のセリフ

 

ホテルの部屋で食事をしながら、二人が会話をするシーンで、シンディがディーンに言うセリフです。

 

f:id:rabana:20150608144055p:plain              

ディーンの職業はペンキ塗りで、朝からお酒を飲んで仕事に出かけていく。

シンディは子どもを育てながらも必死に勉強をして資格をとり、病院に勤めている。

 

彼女にはディーンの生活が自堕落なものに見えて、何か人生の目標を持って欲しいと思っています。

それに対してディーンが答えるセリフです。

 

f:id:rabana:20150611154003p:plain

scenario      シナリオ、脚本

 

goal of life      人生の目的

 

somehow      どういうわけか

 

ディーンは誰かの夫や父親になりたいと思ったことはなかったけれど、シンディと結婚してから、実はそれが自分の求めていたことだと気づいたのですね。

 

そして今の生活以上に求めることは何もないと彼は言います。

 

シンディはそんなディーンがもどかしい。

シンディにはなぜディーンがそれだけで満足できるのか理解できないし、ディーンはなぜシンディがそれほど多くを求めるのかがわからない。

 

夫婦関係を見つめなおそうと二人の時間を持つことにしたのに、返って二人は自分たちの間に深い溝があることに気がついてしまいます…

 

絶望にかられたディーンが酔っ払ってシンディの職場に行き、めちゃくちゃにしてしまい、いよいよ二人の関係はどうにもならなくなってしまいます。

 

シンディがラストにディーンに向かって言うセリフです。

 

f:id:rabana:20150608145815p:plain              

このシンディのセリフが印象的でした。

かつては愛し合っていたけれど、もうお互いをうまく扱うことできなくなっているのですね…

 

ラストで二人は別れることになりますが、フラッシュバックで挿入される若い二人の結婚式のシーンがとても美しく、涙を流す彼らの表情がとても生き生きとしていて、その過去と現在の感情の落差に動揺してしまいます。

 

二人の関係は終焉を迎えてしまうことになったけれど、だからこそ価値観の異なる男女の間にかつて愛が誕生したことが奇跡のように美しく感じられて、かけがえのない物語のように感じられます。