読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

妹の恋人 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフ、感想

スポンサーリンク

BENNY & JOON (1993)

妹の恋人

 

ジョニー・デップ主演、彼のチャーミングなコメディアンの魅力が堪能できる作品♪

 

ジョニー・デップ演じるサムの話すシーンはあまりなくて、その代わりにおかしなパントマイムで彼のキャラクターが表現されています。

彼のコミカルな表情やパントマイムを見ているだけでとにかく楽しめます(^^)

 

心に病を持った女の子の心をパントマイムによって少しずつ開いていくという優しい物語。

 

 

妹の恋人 [DVD]

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

自動車修理工のベニー(エイダン・クイン)には、ジューン(メアリー・スチュアート・マスターソン)という妹がいます。

ジューンは幼い頃に両親を失って以来、心を病んでしまっています。

ベニーはそんな妹を大切に思っていますが、彼女の世話に追われる日々に少し疲れを感じ始めています。

 

そんなある日、友人の従兄弟である奇妙な青年サム(ジョニー・デップ)を引き取る羽目に。

サムはあまり口をきかず、世間の常識もあまりなく、得意のパントマイムで他人とコミュニケーションをとります。

初めはうんざりしていたベニーも、しだいにサムの才能に感心して彼を家族のように受け入れるようになります。

 

サムは無口ですが、パントマイムに彼の心の優しさやユーモアが溢れている。

ジューンはそれを感じ取り、サムに心を開きます。

そして二人は恋人同士に…。

この過程がキュートでロマンティックで素敵です。

 

でも二人の関係を知ったベニーは激怒して、サムを追い出してしまいます。

 

英語のセリフ

 

ジューンとサムは家出をしようとしますが、ジューンは途中で精神の調子がおかしくなって病院へ運ばれます。

そこへ駆けつけたベニーが、サムを責めます。その時のベニーのセリフです。

 

f:id:rabana:20150530143528p:plain

 

 stay away from ~      ~から離れている

 

idiot       ばか、白痴

 

ベニーに対して、サムはこう答えます。そのサムのセリフです。

 

 

f:id:rabana:20150530144236p:plain

 

look up to ~       ~尊敬する

 

普段は無口のサムが、自分の心の内をあらわにした、ほとんど唯一のセリフです。

サムの純粋な目と、言葉の鋭さが印象的でした。

 

ベニーがジューンとサムの関係を認めようとしないのは、自分だけが妹を守ってやれるというエゴであり、妹を失ってしまうことを恐れているのだと、サムは見透かしているのですね。

 

ベニーはそんなサムの言葉にはっとし、反省します。

そして何とかしてジューンと話をしようとしますが、彼女は心を閉ざしてしまっています。

ジューンがベニーに向かって言うセリフです。

 

f:id:rabana:20150530145003p:plain

scare~ away                ~を怯えさせて遠ざける

 

自分の頭がおかしいことをサムに知られてしまって、「彼を怖がらせてしまった」という悲しむジューンが痛々しい。

 

兄の愛情を重荷に感じ、「自分を憎んでいる」とさえ錯覚してしまう。

 

絶望感からうつ状態に陥ってるジューンの前に、サムが思いがけない形で登場します…

 

窓の外でサムがブランコに揺られている場面は名シーンだと思います。

ジューンの心が救われる瞬間。

あまりの優しさとおかしさに、笑いと涙がこみあげてきてしまいました。

 

ジョニー・デップの魅力だけでなく、兄のベニーを演じたエイダン・クイン、繊細なジューンを演じたメアリー・スチュアート・マスターソンもとても良かったです☆

 

心が優しくほっこりする良作でした(^^)

映像配信サービス「dTV」で配信されていたので観ました。

また観たい作品です♪

 

 

月に500円で映画が観放題なので、何度でも気に入った映画が観られます。

動画配信サービスはここが一番安いんじゃないかな。おすすめです。