読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

ふたりのパラダイス 映画のあらすじ(ネタバレ)、感想、セリフ

スポンサーリンク

WANDERLUST(2012)

ふたりのパラダイス

 

ジェニファー・アニストン主演のロマンティック・コメディ。

ジェニファー・アニストンはドラマ「フレンズ」でとても好きになった女優さんですが、フレンズのレイチェル役の印象が強すぎて、映画ではあまりしっくりくるものがありません…

 

でもこの「ふたりのパラダイス」は面白かった!

ジェニファー・アニストンの自然体のコメディエンヌとしての魅力が全開☆

ポール・ラッドとの相性もばっちり。おとぼけカップルの珍道中を楽しんで観ることができました(^^)

 

f:id:rabana:20150529144609j:plain

 

映画のあらすじ(ネタバレ)

 

ジョージ(ポール・ラッド)とリンダ(ジェニファー・アニストン)は、ニューヨークに住む夫婦。

念願のアパートをようやく手に入れたはいいものの、ジョージが仕事をクビになってしまい、仕方なく仕事を斡旋してくれるというジョージの兄の世話になることに。

 

車でアトランタへ向かう旅の途中で、彼らは奇妙なヒッピー・コミューンに一泊することになります。

 

外界から閉ざされ、70年代から時の止まってしまったようなコミューンで、温かい歓迎を受ける二人。

彼らはそのもてなしに感激し、とりあえず2週間コミューンに滞在してみることにします。

 

英語のセリフ

 

コミューンのリーダー的な存在であるセス(ジャスティン・セロー)がコミューンの精神について述べるセリフです。

 

f:id:rabana:20150527143018p:plain

Who knows?       誰にもわからない

 

fill with~         ~で満たす

 

人生を、自然と笑いと友情と愛とで満たすこと、それが彼らのコミューンのモットー。

 

都会の生活に慣れ親しんできたジョージとリンダは、その考えに共感し、戸惑いながらも彼らの自給自足の生活に馴染もうとします。

 

この過程がかなりおかしい。

例えば彼らは「ドアはお互いから閉ざされてしまう」として、一切ドアをつけないので、トイレもオープンなのです。

 

どうしても違和感を感じて馴染むことのできないジョージ。

その気持ちはわかります(苦笑)

一方でリンダはコミューンの生活に適応するについれて生き生きとしていきます。

 

2週間後にリンダはジョージに「ここに留まりたい」と言います。そのセリフです。

f:id:rabana:20150527144109p:plain

I like how I feel about myself

 

リンダのこの言葉が印象的でした。

ようやく自分の居場所を見つけることができた、と感じているのでしょう。

 

それに対して、溶け込むことの出来ないジョージは、コミューンを出てしまいます。

 

そこへリーダーのセスがリンダに横恋慕し、彼女を誘惑しようと試みます…

ジャスティン・セローが演じるセスのキャラクターもかなりおかしいです。

意味不明に叫んだり踊りだしたり(?)

最後のすったもんだの乱闘シーンも笑えました。

 

色々あった後に、最後にジョージとリンダはやはりお互いを必要としていることに気がつきます。その際のジョージのセリフです。

 

f:id:rabana:20150527145159p:plain

You are where I want to be. 「君が僕のいたい場所だ」

 良い言葉ですね☆

 

最後に夫婦関係を見つめなおして大団円となる、オーソドックスな物語なのですが、登場人物たちのキャラクターや、コミューンの生活がとにかく面白かったです。

 

肩が凝らず軽快に楽しめます☆