読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

ロスト・イン・トランスレーション 映画のあらすじ(ネタバレ)と英語のセリフ

スポンサーリンク

LOST IN TRANSLATION (2003)

ロスト・イン・トランスレーション

 

 「翻訳される途中で失われてしまう」といった意味合いのタイトルが印象的です。

 

ビル・マーレイスカーレット・ヨハンソン主演の映画。

ソフィア・コッポラ監督作品です。

この人は感性豊かな映画を撮る人ですね☆

 

この映画の舞台となっているのは東京。

CMの撮影のために東京に滞在している映画スターのボブ(ビル・マーレイ)が主人公です。

 

CMの撮影現場で、ディレクターが日本語で熱く語っていることを、通訳者が適当にかいつまんで訳すのだけれど、ディレクターの説明の半分も彼には届かない…

 

言葉が理解できず戸惑う気持ち、意志の疎通がままならない心細さを、ビル・マーレイがコミカルなとぼけた表情の中にうまく表していました。

それにしてもこの人はおとぼけ顔がよく似合います(笑)

 

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

 

映画のあらすじ(ネタバレ)

 

ボブはホテルのバーで飲んでいるときに、アメリカ人の若い女性・シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)に出会います。

 

シャーロットはカメラマンの夫が日本で仕事をするので、同行して東京にやってきたのはいいものの、特にやる事もないし、手持ち無沙汰に過ごしている。

 

 彼女は感受性の豊かな女性であるようで、華道を試してみたり、京都のお寺を訪ねてみたり、異文化を体験しながらも、癒されない孤独な心を抱えています。

彼女が一人で京都を歩くシーンは静謐な雰囲気で美しかった!

 

ボブとシャーロットはバーで話を交わして以来、打ち解けて好感を持ち、お互いに馴染めないでいる東京という街で、一緒にいると安心できる仲間のような存在になります。

 

2人が手をつないで、ネオンの輝くまばゆい夜の街を逃げるように走るシーンが良かったです☆

 

彼らがお互いに抱いている親密な気持ちは、友情と恋愛の狭間のような、微妙なものなのでした。

2人とも既婚者だし、それぞれ戻る場所があるのですね。

 

英語のセリフ

 

シャーロットは2人で東京で過ごした時間を愛おしむように、ボブに「もう二度とここには来ないことにしましょう」と言います。

 

f:id:rabana:20150503145526p:plain

whatever you say          君の言うことは何でも

 

2人で過ごした時間が楽しかったから、それ以上に楽しめることはもうきっとないから、この思い出のためにもう東京には来ないことにしましょう。

シャルロットはそう言っているのですね。

 

彼らの関係は異国の地・東京でしか成立し得なかったものなのかもしれません。

 

でも2人の心の交流は特別な何かであったと思うし、そのことを最後の雑踏のシーンが示しているのだと思います。

 

ボブがシャーロットに何を囁きかけたのか… そこは観客の想像に委ねられますが、ラストのシャーロットの泣きそうな笑顔が心に残りました。

 

異国での孤独な心情を描いた良作だと思います。

外国人から見た東京の風景、日本文化も興味深かったです(^^)

 

「dTV」という映像配信サービスで配信されていたので観ました。

 

 

ここは月に500円で映画が観放題なので、格安だと思います。

初めの31日間はお試し期間なので無料で観れました。