読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

マンハッタン 恋愛映画の英語のセリフと名言、ネタバレあらすじ、感想

スポンサーリンク

MANHATTAN (1979)

マンハッタン

 

前回に引き続き、ウディ・アレン監督の映画です。

 

冒頭からモノクロで映し出されるニューヨークの街並み。

最初から「この物語の主役はニューヨークです」と言っているようでした。

ゴージャスな摩天楼、胸をときめかせるジョージ・ガーシュインの音楽、盛大に打ち上げられる花火。良いですね~(*^^*)

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)と感想

 

華やかな街の中で、何が起きているかというと、人々は忙しなく恋愛をしている。(笑)

主人公のアイザック(ウディ・アレン)は、17歳の若いガールフレンドがいながら、メリー(ダイアン・キートン)という女性に恋をしてしまいます。

 

メリーは自分が美人のインテリであることを鼻にかけているような女性で、アイザックは初めは彼女のことを鼻持ちならない、overbearing =横柄な 女だと言っていましたが、会ううちにしだいに惹かれていきます。

 

2人が真夜中に犬を連れて街を散歩し、夜更けになるまで川岸のベンチに座ってマンハッタン橋を眺めながら語り合うシーンが、とてもロマンティックで美しいです☆

 

それから、プラネタリウムのデートシーンで、2人の大きなシルエットが大きく映し出され、まるで影が会話をしているような映像も面白く印象的でした。

 

アイザックとメリーはしばらく付き合うのですが、結局彼はふられてしまいます。

メリーは彼のことが好きだったわけではなく、つかの間の寂しさを紛らわせる相手が欲しかっただけのように見えました(^^;

 

マンハッタン [Blu-ray]

 

英語のセリフ、名言

 

一人になったアイザックは、一方的に別れてしまった17歳のガールフレンド・トレイシーのことを恋しく思い出します。

 

f:id:rabana:20150502151121p:plain

terrific     すばらしい

 

blow      吹きとばす、などという意味ですが、機を逃す、という意味でも使われます。

I blew that one    

あの子を逃してしまった、という意味。

 

keep at a distance     距離を置く

 

トレイシーと付き合っていた間は、彼女が若すぎると思って、彼女を kid =子ども 扱いして本気にしなかったけれど、一番楽しく過ごせたのは彼女といるときだった、と今になって気がついたのですね。

 

トレイシーを取り戻すために、アイザックがマンハッタンの街を走り抜けるシーンが良いです☆

マンハッタンの街の雰囲気が伝わってきます。

 

ラストで、トレイシーはロンドンへ半年間の留学をすることに。

アイザックはトイレシーを引き止めようとします。「六ヵ月後には君は色々な経験をして別人になってしまう」と彼は彼女に言います。

たくさんの出会いや新しい経験があり、彼女に新しい恋人ができて、変わってしまうことを心配しているのですね。

 

それに対してトレイシーが微笑んで言うセリフが印象的でした。

 

f:id:rabana:20150502152442p:plain

get corrupted     堕落する

 

have a faith in~    ~を信頼する

 

 トレイシー役のマリエル・ヘミングウェイが素敵です。

じっとアイザックを見つめる表情から、彼へのひたむきな気持ちが伝わってくる。

不倫、浮気、裏切り、大人たちのはまり込む泥沼の恋愛劇の中で、彼女はひとり純真な存在として光っていました。

 

have a faith in people

ラストのトレイシーの言葉は心に残るセリフでした。

人を信頼しなければ、きちんとした恋愛もできないですよね。

 

「dTV」というエイベックス社の映像配信サービスで鑑賞しました。