読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

ローマの休日 恋愛映画の英語のセリフ、名言、あらすじと感想

スポンサーリンク

ROMAN HOLIDAY (1953)

ローマの休日

 

オードリー・ヘップバーン主演の言わずと知れた名作映画。

先日改めて見直しましたが、この映画は一人の女性の成長物語でもあるのですね。

 

おてんばな王女様がお城を抜け出して、ローマの街で一日だけの自由を謳歌する。

一人の男性と出会い、恋に落ち、辛い別れを経験することで、彼女は王女としての責任を自覚することになる。

 

たった一日だけの自由と恋。

あまりにも短く儚いようですが…、だからこそこんなに美しく切ない物語に仕上がっているのだと思います。

 

白黒で映し出されるローマの街は素敵ですね☆

大階段のある広場や、噴水、遺跡に、聞こえてくるイタリア語の会話。

ロマンティックで、でもワクワクするような活気があって、いつか行ってみたいなあ(*^^*)

 

歩道のカフェに入ったり、階段に座ってアイスクリームを食べたり、スクーターに乗って走り回ったり、ボートの上でダンスをしたり。

 

有名な真実の口に手を入れるシーンはやはり良いですね♪

あの場面を機に、正体を隠している二人の気持ちが打ち解けて通じ合うのですね。

 

そして楽しい時間を過ごした後に、スリリングな大乱闘があり、恋に落ちる瞬間がやってくる…

 

でもその後に別れが来ること、ずっと一緒にいたいと思っていても望みが叶わないことを、口に出さなくても2人とも知っている切なさ。

 

ローマの休日 [DVD]

 

英語のセリフ、名言

 

アン王女が好きになった男性のもとを離れ、身を引き裂かれる思いでお城へ戻った夜のシーンが印象的でした。

大臣が「ご家族と国に対する義務を自覚なさるように」と戒めます。

それに対してアン王女が答えるセリフに胸が締めつけられました。

 

f:id:rabana:20150429140424p:plain

be aware of ~    ~を自覚している

 

duty to ~    ~への義務

 

ever again

ここでの ever は again を強調する意味で使われています。

前に「戻ってくることはなかったでしょう」という否定文がありますから、「もう二度と」と付け加えているのですね。

 

オードリーの毅然とした表情が美しく素晴らしい。

でもその奥に押し殺した悲しみが見え隠れするのが、とても切ないのです…

 

ラストのインタビューシーンも良いですね。

新聞記者として目の前に現れた恋人に、王女として答えながら、彼女は自分の思いを伝えようとする。

 

 

f:id:rabana:20150429141918p:plain

cherish   大事にする、慈しむ

 

オードリーの気高い表情、その裏に女性としての切なさが揺れているのが伝わってきて、涙が出てしまいました。

 

新聞記者のジョーも、一人の女性としての彼女への愛情と、王女としての彼女を尊敬する気持ちを、ラストシーンでうまく表していたと思います。

 

再見してみて、やはり素晴らしい映画であると思いました。

 

今回は「dTV」という、エイベックス社の映像配信サービスで観ました。

 

 

ここは月々500円で映画やドラマが見放題と、格安です。

映像配信サービスでは一番安いと思います。映画の本数も多く、良さそうです。

登録して初めの一ヶ月は無料お試しできるので、「ローマの休日」が今回は無料で観れました♪

映像配信サービスだと、気に入った映画を何回も繰り返し観られるので良いですね。