読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛映画の英語の名セリフ・名言。おすすめ洋画ラブストーリー

恋愛映画や、洋画の恋愛シーンでの英語の名セリフ・名言を集めました。おすすめの洋画の名作、ラブストーリーをご紹介しています。人気の映画のあらすじ・感想も。英語の解説もしています。心に残る映画の名シーンのセリフやフレーズで、英語の勉強もできる!

スポンサーリンク

ビフォア・サンセット 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフと評価感想

BEFORE SUNSET(2004) ビフォア・サンセット 「ビフォア・サンライズ」(邦題「恋人までの距離(ディスタンス)」)の続編です。 前作では旅先で出会った若い男女の、一夜限りの恋が描かれていました。 この映画はそれから9年後に二人が再会するお話です。 …

ブロークバック・マウンテン 映画のネタバレ・評価感想、セリフ、あらすじ

BROKEBACK MOUNTAIN (2005) ブロークバック・マウンテン 男性同士の20年に渡る純愛を描いた映画。 孤独で満たされない二人の愛の物語が切なく胸を打ちます。 雄大な山の風景の映像も素晴らしく美しいです。

イングリッシュ・ペイシェント 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフ、評価感想

THE ENGLISH PATIENT (1996) イングリッシュ・ペイシェント とにかく砂漠の映像が美しくて強烈な印象を残します。 第二次世界大戦中の北アフリカの砂漠の地で繰り広げられる、壮大な恋愛ロマン。 過去と現在の重なり合う構成も、緻密かつ重厚なつくりになっ…

愛を読むひと 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフと評価感想

THE READER(2008) 愛を読むひと ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ主演作品。 舞台となっているのは第二次世界大戦後のドイツですが、セリフは全て英語となっています。 数十年にわたる時の流れと、生涯を通じる愛。 そして戦時下における罪の意識…

めぐりあう時間たち 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフと評価感想

THE HOURS (2002) めぐりあう時間たち タイトルは THE HOURS ですが、その意味する通り、遠い時空を超越してめぐりあう時間が描かれた映画です。 1920年代のイギリスの女性作家と、50年代のロスアンジェルスの主婦、現代のニューヨークの女性編集者。 …

レボリューショナリー・ロード 映画の英語のセリフ、ネタバレあらすじ、評価感想

REVOLUTIONALY ROAD (2008) レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで これはひどく心に”痛い”映画でした… 恋をするときって誰でも多かれ少なかれ、相手に夢を見るものなのかもしれません。 自分の理想を相手に求めるというか、幻想を抱くというか… そ…

わたしを離さないで 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフ、評価感想

NEVER LET ME GO (2010) わたしを離さないで キャリー・マリガン主演作品。 原作はカズオ・イシグロの同名小説です。 主人公は臓器を提供するために作り出されたクローン人間たち。 過酷過ぎる宿命を背負いながらも、それを静かに受け入れ、それぞれに自分た…

死ぬまでにしたい10のこと 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフ、評価感想

MY LIFE WITHOUT ME (2003) 死ぬまでにしたい10のこと サラ・ポーリー主演作品。 23歳という若さにしてガンを患い、あと2ヶ月の命だと宣告された女性の、最後の日々を描いた映画です。 彼女はそのことを家族にも誰にも言わず、「死ぬまでにすること」と…

ブルーバレンタイン 映画のあらすじ(ネタバレ)、感想、英語のセリフ

BLUE VALENTINE (2010) ブルーバレンタイン ミシェル・ウィリアムズ、ライアン・ゴズリング主演。 一組のカップルの、恋愛の誕生と終わりを、これほど生々しくリアルに描いた映画も中々ないんじゃないかと思います。 時の流れに沿って物語が進んでいくわけで…

テイク・ディス・ワルツ 映画のあらすじ(ネタバレ)、感想、セリフ

TAKE THIS WALZ (2011) テイク・ディス・ワルツ 若手の女流監督サラ・ポーリーによる映画。 この人は「死ぬまでにしたい10のこと」などの作品に出ていて、印象的な女優さんでしたが、監督もこなしているのですね。 一見とても仲の良い夫婦の間に忍び込む倦…

華麗なるギャツビー 映画のあらすじ(ネタバレ)、セリフ、名言

THE GREAT GATSBY(2013) 華麗なるギャツビー 自分の全人生を1人の女性への愛へ捧げた男の物語。 このうえなく壮大で純粋なラブ・ストーリーです。 スコット・フィッツジェラルドの名作小説を、「ロミオ&ジュリエット」の監督バズ・ラーマンが映画化。 きら…

ラースと、その彼女 映画の名言、セリフ、あらすじ(ネタバレ)

LARS AND THE REAL GIRL (2007) ラースと、その彼女 人形の女性に恋をした孤独な男性のラブ・ストーリーです。 そういうと頭がおかしく気持ち悪いようですが、この映画の主人公・ラースは痛々しいまでに繊細で、優しい心の持ち主で、他人と触れ合うことに痛…

ビフォア・サンライズ 映画の名言、英語セリフ、あらすじ(ネタバレ)

BEFORE SUNRISE (1995) ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス) とても好きな映画でこれまでに何回も観ています。 「ビフォア・サンセット」、「ビフォア・ミッドナイト」と、続編が作られましたが、是非この作品を一番初めに観ることをおすす…

ギター弾きの恋 映画のあらすじ(ネタバレ)とセリフ、感想

SWEET & LOWDOWN (1999) ギター弾きの恋 ジャズのギタリストを主人公にしたラブストーリー。 ウディ・アレン監督作品で、ショーン・ペンが主人公のエメットを演じています。 エメットは虚栄心が強くて、身勝手で、自堕落で、結構どうしようもない性格の人物…

ロミオ&ジュリエット 映画のあらすじ(ネタバレ)と英語のセリフ・名言

ROMEO&JULIET (1996) ロミオ&ジュリエット シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」を現代風に大胆にアレンジした映画。 モンタギューとキャピレットの名家の対立はイタリアン・マフィアの抗争へと置き換えられています。 R&Bポップスの音楽が流れ…

恋におちたシェイクスピア 恋愛映画のセリフ、名言、あらすじ(ネタバレ)

SHAKESPEARE IN LOVE (1998) 恋におちたシェイクスピア 舞台となっているのは16世紀末のロンドン、かの有名なシェイクスピアの若い頃を描いた映画です。 とはいっても忠実な伝記映画というわけではなく、かなりフィクションが入っています。 そのフィクシ…

ONCE ダブリンの街角で 恋愛映画のセリフ、あらすじ、感想

ONCE (2006) ONCE ダブリンの街角で 音楽への愛情に満ちた、優しく素敵な映画。 この映画の主役は音楽そのものなのだと思います。 でもミュージカルとは違う。 そういう点では変わった映画なのかもしれません。 映画のあらすじ(ネタバレ) ダブリンの街角で…

アニー・ホール 映画の英語のセリフ、名言、あらすじ(ネタバレ)

ANNIE HALL (1977) アニー・ホール ウディ・アレン監督の名作ラブストーリー。 ウディ・アレン演じるコメディアンのアルビーと、売れない歌手のアニーとの出会いから別れまでを描いた映画です。 ウディ・アレンならではのシニカルだけれどユーモアあふれるセ…

ローマの休日 恋愛映画の英語のセリフ、名言、あらすじと感想

ROMAN HOLIDAY (1953) ローマの休日 オードリー・ヘップバーン主演の言わずと知れた名作映画。 先日改めて見直しましたが、この映画は一人の女性の成長物語でもあるのですね。 おてんばな王女様がお城を抜け出して、ローマの街で一日だけの自由を謳歌する。 …